トヨエース買取 札幌 | 車買取 札幌

トヨエース買取 札幌

トヨエースはこんなクルマ
トヨタ自動車株式会社が製造・販売する小型トラックです。トヨペット・ライトトラックSKBとして1954年に発売され、1956年にトヨエースの愛称が付き、2015年現在に至るまでトヨタの小型トラックの主力車として販売されています。
ラインナップにはダブルキャブ車や四輪駆動車などもあり、キャブ幅には標準タイプとワイドタイプが揃えられています。ボディ形状にはパネルバンや平ボディといった積載量1t~4tのカーゴタイプと、積載量2t~4tのダンプタイプ、積載量1.25t~2tのルートバンタイプがあります。またエンジンタイプにもガソリン・ディーゼル・LPG・ハイブリッドと揃えられています。中古車市場で流通しているものの7~8割ほどがデーゼルエンジン車となっていますが、ガソリン車でも高値で買取が行われていますのでご安心ください。
トヨエースは超ロングセラーなんです!
2015年現在、今も続いている日本車のラインナップのなかでは、2番目に長寿のモデルシリーズとなっています。それだけ長く愛用されているシリーズですので、中古車市場にも驚くほど年式の古い車体が流通しております。最近、わたしたちが買取をしてきたもののなかで、一番古い年式は25年前の1990年式のものだったのですが、100万円ほどの価格で買取が行われました。
ごくまれにクラッシックカー扱いしても良いんじゃないかという車体もでてくるとか…話に聞くと1960年代のもので、ほぼ「昭和の歴史資料」ですよね。これは極端な例ですが、年式が古いからと言って値段が付かない、買取ができないというわけではありませんし、古いからと言って安く買いたたかれる車でもありません。まずはお気軽にご相談ください。
トヨエースは最大約50%の燃費性能!
トヨエースは本格的トラックの走りともいうべき存在です。製造された時代ではその走行性に定評がありました。2015現在では、その走行性よりもむしろ燃費性能の良さで注目を集めています。
2011年から販売されている現行型は特にその特徴が強くディーゼルハイブリット車を設定しています。ハイブリッド車は1999年から販売されている7代目にも設定されていましたた。しかしモーターがエンジンをアシストする方式に留まっていたことに対し、8代目はプリウスなど乗用車と同じエンジンを停止したままモーターの力だけで走行できる方式が採用されています。この仕様よりも最大約50%の燃料節約が可能となっています。
排出ガス規制の更新に伴い燃費性能は年々向上していっています。新しい年式の方が性能は上ですので、買い替え前の下取りにはぜひご相談ください。

トヨエース買取 札幌

トヨエースのモデル変化

トヨタ トヨペット・ライトトラックSKB型(1954-1959年)
開発主査は立川飛行機(後の立飛企業)からトヨタに転じた長谷川龍雄。コストを抑えるため、既に実績のある小型ボンネットトラックのトヨペットSG型から前後縦置きリーフスプリングによる車軸懸架、低床はしご形フレームシャシをそのまま流用しています。
S型サイドバルブエンジの出力は30PS / 4,000rpmに向上し、最高速度70km / hを確保していました。
トヨタ トヨエース SK / PK20-30系(1959-1971年)
幅広い展開を見せ、P型系列の排気量拡大で1.2リットル級の1tおよび1.25t積みが設定されたほか、1963年には1.5リットルのR系エンジンを搭載した1.5t積みも登場しました。
内外装のアップデートを繰り返しながら、1971年まで生産の続く長寿モデルとなりました。
トヨタ トヨエース Y10系(1971-1979年)
トヨエース初となるディーゼル車(JY-16系/J型 2J-2.5 L エンジン搭載)や、ガソリン1.25t積みに、後輪小径ダブルタイヤ(5.00-12 8プライ x 2)を採用した「ジャストロー」(RY-14系)がラインナップに追加されました。テールランプはトヨタの小型トラックに共通の、リフレクター込みの3色コンビネーションタイプでした。
トヨタ トヨエース Y20/30/40系(1979-1985年)
3代まで継承されたセミキャブオーバータイプを廃し、キャブオーバータイプに変更されました。1982年1月のマイナーチェンジ。でフロントグリルの形状を変更しました。またバンパーが黒色塗装化され、ヘッドランプ上部にベンチレーターが追加されました。1984年に一部改良し木製デッキの煽りのデザインを変更、看板書きをしやすくしました。
トヨタ トヨエース U80・90系(2t-3.5t積)Y50・60系(1t-1.5t積)(1985年 -1995年)
従来の1.5t積のG15に加え、この代より2-3.5t積のG25/G35が追加され、ダイナとバリエーションが共通化されています。1989年2t及び3tの標準キャブに4WDを追加、ディーゼル車は平成元年排出ガス規制に適合されました。1991年バンパーと、ステップやドア裾の泥汚れを抑えるコーナーベーン(キャブ角の整流板)がボディ同色となっています。
トヨタ トヨエース Y100系(1t-1.5t積)U100-200系(2t?3t積)FB4J / 5B系(3t-3.5t積)(1995年 – 1999年)
1t車のディーゼルを3リットルに統一されました。Y100系の型式がダイナ・ハイエーストラックと共通化されています。1997年に派生車種としてキャンピングカー専用モデル「カムロード」が追加されました。
トヨタ トヨエース (1999年 – 2015年現在)
1999年に発売されました。2015年現在まで数度に渡るマイナーチェンジを繰り返し性能を向上させています。排ガス規制への対応も強化されています。ディーゼル車において高性能触媒DPRの改良などを行い、平成21年排出ガス規制に適合しました。またピエゾインジェクターの採用などにより燃費も向上されたため、
カーゴの主要車型で「平成27年度燃費基準」を達成。これにより環境対応車 普及促進税制に適合しました。また2012年に排出ガス浄化スイッチ(触媒浄化用)を標準装備し「平成21年排出ガス基準10%低減レベル(低排出ガス車)」認定を取得しました。
トヨタ トヨエース (2011年 – 現行)
エンジンは高圧コモンレール式燃料噴射システムやDPRを刷新し、燃費向上や更なる排出ガスのクリーン化を実現した5種類のディーゼルエンジンを設定しました。
ハイブリッド車はアトキンソンサイクルの専用エンジンN04C-UL型(110kW/420Nm)とアクセル・ブレーキの2ペダル操作を可能とする専用5速AMTを採用。エンジンとモーター兼発電機の間にクラッチを介することでモーターのみで発進できる新開発のハイブリッドシステムを搭載しました。

トヨタ トヨエース 買取実績

トヨエース買取 札幌

トヨエース2.5 ダブルキャブ

トヨエース2.5 ダブルキャブ
フルジャストロー ディーゼルターボ 4WD
買取価格 1,800,000円
年式 2005年 排気量 2500cc 走行距離 18.5万kn 車検 車検整備付
修理歴 なし エンジン種別 ディーゼル 駆動方式 4WD ミッション フロア4MT
ハンドル 乗車定員 6名 ボディタイプ その他 ホワイト
法定整備 法定整備付
法定24ヶ月点検付※貨物など一部車両は12ヶ月点検

トヨエース
買取 札幌


装備
エアコン スライドドア Wエアコン ウォークスルー パワーウインドー アルミホイール
パワステ フルエアロ CD/MD -/- ローダウン 3列シート 寒冷地仕様
フルフラットシート 福祉車両 ベンチシート アイドリングストップ クルーズコントロール 電動リアゲート
LEDヘッドライト ディスチャージドランプ リフトアップ
カーナビ/TV -/- ブルーレイ再生 DVD再生 後席モニター ミュージックサーバー ミュージック
プレイヤー接続可
電動シート 本革シート シートヒーター シートエアコン サンルーフ ETC
キーレス スマートキー パーキングアシスト ABS 横滑り防止装置 バックカメラ
トヨタトヨエース 市場動向
価格/製造年 2003年以前 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年以降
300万台 1 2 1 2 1 0 3 6
200万台 12 2 3 8 10 4 3 14
100万台 33 38 25 36 22 9 8 14
100万未満 41 8 5 4 6 2 0 0
>くるまや本舗|札幌車買取

くるまや本舗|札幌車買取

〒003-0852
北海道札幌市白石区
川北2条3丁目2-22
年 中 無 休
買取対象地域|北海道全域

CTR IMG