サクシード 買取 札幌 | 車買取 札幌

サクシード|トヨタ

サクシードってどんな車
2002年7月に発表され発売開始。プロボックスと同じく、前期型は人気のあった初代ヴィッツのプラットフォームを採用 後期型は3代目ヴィッツのプラットフォームを元にして製造され、前期型では商用のバンと乗用のワゴンがそれぞれ設定されていました。サクシードは、ミディアムサイズの商用モデルを担っていたカルディナバンに替わりまして、カローラバンやスプリンターバンの後継である姉妹車のプロボックスと共にバンとしての使い勝手を最大限生かして設計された車です。不必要な装備を無くし、低価格を実現したことから、カスタムカーのベース車両としても人気があります。カスタム車両として、フロントマスクをクライスラー300Cを意識しているものが人気のようです。
2013年10月にワゴンの販売を終了しましたが、商用タイプのバンはこれまで通り継続販売しています。サクシードは、カローラバンの後継車として、ビジネスカーの革新を目指して作られたビジネスワゴンとして人気ですが、 人気の秘訣はサクシードのシンプルさもそうですが、使いやすいサイズに設定していることで、居住空間と荷室を両立させています。

サクシード|トヨタ

営業車として活躍するサクシード
昼間街中をプラプラしていると、数多くの商用車が街中を走っています。営業車として使い勝手がとても良いサクシードは、燃費性能にも優れ実燃費12km/Lくらい走り、他のガソリン車から比べても優秀です。また、荷物を積めるよう室内空間が広いことも特徴的で収納スペースも余裕があります。
サクシードとプロボックスの違うところ
姉妹車であるプロボックスとの相違点は、前身車の車格差による違いが表れており、以下の通りである。

外観 | サクシード

まずは外観ですが、フロントグリル、フロントバンパー、フェンダー、リヤクオーターパネル、リヤバンパー、バックドア、リアコンビランプ等の形状が異なり、 バックドアとリアバンパーの形状の違いは、荷室長が20mm、全長が105mm長く、バンの2名乗車時に3尺×6尺の合板や畳がギリギリ収まる長さとなっています。

積載量 | サクシード

最大積載量も違い、プロボックスの400kgに対し、サクシードの2WD車の前期型は50kg多く450kgとなっています。4WD車については400kg、 カローラバンより50kg増えたが、カルディナバンよりは50kg減っていますが、後期型になり、プロボックスとボディが共通化されました。
エンジンは共通で1500ccの1NZ-FE型ガソリンエンジンのみの設定で、プロボックスにある1300ccガソリンエンジン、および1500ccCNGエンジンは存在しません。 以前には、プロボックス同様、バンモデルに1400ccの1ND-TV型インタークーラーターボ付直噴ディーゼルエンジンが設定されていましたが、現在はありません。

ミッション | サクシード

プロボックス前期型の場合、ワゴン・バン共にマニュアルミッションの設定がありますが、サクシードは前期型にバンタイプにだけマニュアルミッションの設定がありました。 装備は、プロボックスでオプション装備のモノでも、サクシードでは標準装備となるものが存在しています。 プロボックス、サクシードの価格も異なり、同じ型式ならサクシードの方が10万円程度高い価格設定となっています。

買取 | サクシード

サクシードの買取 札幌市内 北海道内どこまでも無料出張買取いたします 法人様でも、自家用車でも買取いたします。サクシード及びプロボックスなどの商用ベース車の買取強化中です。 走行距離が10万キロを超えていても、複数台の同時見積もりも、事故車でも心配無用、車買取札幌にお任せください。 独自ルートがある為、サクシードの買取に自信があります。また、北海道内であればどこでもお伺いいたします。
>くるまや本舗|札幌車買取

くるまや本舗|札幌車買取

〒003-0869
北海道札幌市白石区
川下646-11
年 中 無 休
買取対象地域|北海道全域

CTR IMG